需要の高い職業|現代社会に必要な整体師の存在|資格を取ってプロになる

現代社会に必要な整体師の存在|資格を取ってプロになる

需要の高い職業

紳士

どうやって学ぶのか

医療放射線技師は、病院や検査施設を中心として常にニーズの高い職業の一つです。病院などの医療現場で歯科医や医師の指示を受けて放射線の照射や撮影を行うのみでなく、医療機器メーカーなどで研究・開発を行うといった業務に携わる道へ進むことも可能です。このように需要の高い職業である医療放射線技師になるには、どのような学校へ進学し学んでいけばよいのでしょうか。放射線技師になるには、心療放射線技師国家試験に合格しなければなりません。その受験資格を得る為には、3年制の専門学校・短期大学か4年制の専門学校・大学において診療放射線技師養成課程を修了する必要があります。これらの学校では医療機器や放射線、電子工学、病理学や生物、化学など専門的な内容を学ぶことになるため、高校在学中に選択科目を選ぶ事ができる場合には、理数系を選択しておくと良いでしょう。

希望に合った学校を選ぼう

医療放射線技師が取り扱うことのできる医療機械は、レントゲン撮影のみでなくCT・MRI・PETの他、超音波装置など多岐にわたります。医療現場ではこれらの機器を使いこなし、医師と同様に画像を理解することができなくてはなりません。ですので、放射線技師になるには専門知識と技術をできるだけ多く身に付けておくことが大切といえます。また、心療放射線技師になるには3年制の専門学校や短大と、4年制の専門学校や大学のいずれかへ進学することになりますが、どの学校へ進学するかはそれぞれ自分自身のニーズに合わせて選択する必要があります。3年制の専門学校・短大であれば入学試験の際の試験科目が少ないために入学がしやすく、専門課程を短期間で修了できるため、少しでも早く現場で働きたいという人には大きなメリットです。また、4年制の大学へ入学するためには学力や費用がより必要となりますが、医療現場で役立つ専門分野の研究や実習を在学中にじっくりと時間を掛けて行うことができ、卒業後の就職先においても、大学病院や医療機器メーカーなどの選択肢が増えることになります。