充実のカリキュラム|現代社会に必要な整体師の存在|資格を取ってプロになる

現代社会に必要な整体師の存在|資格を取ってプロになる

充実のカリキュラム

男女

免許とスキル

柔道整復師の資格は、専門学校で学び、国家試験に合格することが前提です。基礎・専門分野、共に一流の講師陣を配し、社会からも患者からも信頼を得るためのトレーニングの場として、人間性と身体をつくり、最後に医学を極めます。ペーパー試験にブランクのある中年以上の受験生には、生物の内容にハンディーがあり、一例として、細胞膜の構造が二重膜から流動モザイクに変わっています。出題率の高い眼の構造でも、新旧入れ替えられた入試が展開されています。ですが、こうした事態に対応した問題を出題する専門学校もあるため、幅広い年代が学ぶことが可能になっています。柔道整復師としてカイロプラクティックを身に付けるため、基礎医学を学ぶ必要があります。また、専門知識としてスタティックパルペーションなど、触診法や整形学検査法などを学びます。こうした療法は現在、国家資格ではないものの、医療業界の認定資格として位置付けられています。その際、就職先の種別や開業率もチェックし、整体関連、病院や整骨院、スポーツ関係など、需要がある選択へ繋がります。公的資格の有無を問わず、玉石混合の学校から自分に相応しい選び方、進み方ができます。

柔道も学ぶ

東洋医学を志す人の年齢層は、鍼灸を含み、高卒から60代までバラエティーで、柔道整復師を目指せる専門学校では最近、アジア圏の受験生が目立っています。柔道整復師としての術を日本で学ぶ他、日本生まれの指圧も世界的に浸透し、指圧人口も増加しています。ほねつぎ・接骨師としての異名でも親しまれ、国家資格として鍼灸マッサージ師同様、専門学校で3年間学んだ後、国家資格に合格することが求められます。術を学ぶにあたり、現代医学の基礎である解剖学や生理学、一般臨床学や外科学などを学ぶ他、カリキュラムには起源でもある柔道の実技を含むのも特徴の1つです。また、専門学校に入るにあたり、必ずしも柔道ができる必要はなく、できるような身体であり、卒業までに最低、黒帯がとれる程度の練習が行われます。