現代社会に必要な整体師の存在|資格を取ってプロになる

医療や福祉に貢献する学校

メンズ

医療や福祉の現場で働くには資格が必要です。そのためには専門の学校で学びます。大阪医専大学では多くの人材を輩出しています。資格を取得するだけでなく、現場で働けるように臨床現場での学習が充実しています。臨床工学実習室や基礎医学実習室など実戦力を高める教室があり、現場で働けるプロを育てています。

充実のカリキュラム

男女

東洋医学を学ぶ専門学校では、柔道整復師になれる基礎知識と技術を磨き、その後は医療や介護などの専門医として患者に寄り添う人材として活躍できます。解剖学や内科学を築き上げ、テクニックとなる療法により、才能を目覚めさせ、大きく育ててくれます。

人気がある資格

男性

現代社会にマッチしている

あんま、鍼灸師、マッサージ師、柔道整復師は国家資格ですが、整体師やカイロプラクティックは民間資格であって、国家資格ではありません。整体は体全体の骨格や関節のズレなどを調整して、様々な体の不調を整える方法です。近年は誰でもパソコンやスマホを使用するようになりました。肩こりや腰痛、頭痛など様々な体の不調に悩む人が増えています。整体はケガや病気など大きな原因がなくても生じる体の不調を整えるのに効果があり、現代社会にマッチしていると言えます。近年は他の療法を合わせたり、マッサージやアロマテラピーを併用するなど整体師にもいろいろあります。整体師は医師ではないので、病名を判断すること、薬を処方することが出来ませんが、マッサージで患者を癒すことは出来ます。

自分で開業できる

整体師の資格を得るためには講習やセミナーを受講して民間資格を取得します。講習やセミナーも数週間から数年と幅があります。受講内容も様々ですので、相性の良い目標に出来るインストラクターを探します。探し方にも様々な方法がありますが、インターネットを利用すると便利です。整体師の治療院は健康保険が効きませんので、1回の施術料が高額になります。高収入が見込めるので、整体師の資格を取得後、開業を目指す人が多いです。自宅でも開業できます。技術だけでは収入を上げられませんので、集客が出来るようなノウハウも身につける必要があります。清潔な治療院を維持するのは基本ですが、清掃や着替えの洗濯なども用意しましょう。

需要の高い職業

紳士

医療放射線技師になるには専門学校や短大・大学で専門課程を修了し国家資格を取得します。専門学校や短大は入学しやすく短期間で学べ、早く現場に就く事ができます。大学は費用や高い学力が必要ですが高い知識や技術を身に付けられ就職先の選択肢も増えます。どこで学ぶかはそれぞれのニーズに合わせて選択しましょう。